コラム ⁄ 曲試聴

「君の一日」 

2020年02月22日  記 その瞳が見つめる先に くしゃくしゃの笑顔が迎える
少し照れた右手は 温かい腕に吸い込まれた
今の君は輝いて 僕はただ 見守るしかない

あの頃 僕の胸で眠ることが好きだった
疑いのない眼差しは いつのまにか違う方へ

一番愛した自信がある
永遠に変わらぬ願いがある
こうして愛は繋がれていく 思い出のすべてを置き去りにして


突然僕の前にあらわれた人が 君を守ると言う
その言葉の意味さえ まだ疑ってるはずなのに
絶対言わないと決めてたこたえが 自然にこぼれた

部屋を綺麗に片づけて ドアをゆっくりと閉めたら
深く頭下げ 「楽しかった」 つぶやく姿

この幸せに負けないくらいの 苦しみが待っていたとしても
君のこたえに間違いはない その人のすべてを愛しているから

一番愛したもう一人の姿が 僕の隣にある
優しい声でささやきかける ひとときたりとも目を離さずに


ノックをせずに 部屋に入れば いつもの暮らしが僕を迎える
今夜はここで思い切り泣くよ 二人のすべてを見つめてゆくから


※ 曲の試聴はできません。








近藤俊仁
Powered by Seesaa